YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2リーグ第42節”千葉対横浜FC”】現実が夢を壊す事がある。それなら、夢で現実を壊すこともできるはずだろ?

www.jleague.jp

 

サッカーの神様は我々の心の中に実在するんだと実感した試合でした。

まだ何も成し遂げていないってのが事実ですので気を引き締めて良い状態を維持したいところです。

 

試合ですが開始早々のOGにて始まりました。これはもう仕方ないです。細かいことは忘れましたが日本代表戦でも似たようなOGがあり、その時も「DFとして足を出すか、出さないか」で多くの議論が生まれてました。仮に溝渕が足を出してなかったら横浜の野村選手に流し込まれてたと思われます。

正直一つだけ不満を言うならばあの位置で奪われたボムヨンの軽率なプレー。現地で見たときは接触があったのかなと思ってましたが帰宅後に確認したところ微妙ですね。ちょっとした接触があったとしても簡単に倒れずにクリアまでしてほしかったところ。ああいうところでファウルを貰おうという意識がやはり浮足立ってたというかふわふわしてたということでしょう。

ジェフは全体的に浮足立つシーン、地に足がついてない場面が前半は目立ちました。プレッシャー的な面もあったと思う。良くも悪くも気合が空回りし、またいつもと同じかという雰囲気を匂わせつつよく立て直せた。徐々にリズムを取り戻し自分たちのペースに相手を引きずり込ませた。キックオフ後のふわふわり ふわふわるしてる状況から持ち返したところは評価できると思います。

そして也真人のゴール場面。角度は違えどかつてマイコンが決めたあのゴールがフラッシュバック。ゴール後のパフォーマンス及びインタビューから察するに狙ってますね。意図的じゃない偶然的に生まれたゴールなら驚いたパフォーマンスになるはず(偏見だけど)。でも思いっきりガッツ石松…じゃなかったガッツポーズしてるしで狙ってたと思いますよ。にしても意表を突く見事なゴールでした。

そして歓喜は最後にやってきた。

何度も作ったチャンスで決め切れずに焦りと不安が押し寄せてくるフクアリ。正直僕も途中から逃げ出したい気持ちになった。この場にいたくないと。でもそれを変えてくれたのが今シーズン主将という立場そしてベテランというところからチームを支えてくれた近藤直也キャプテンでした。

アディショナルタイムでのミ・ミ・ミラクルなゴール。決めたのがキャプテンというパワプロのサッカー版があったらシナリオ化決定だろうと!!!

歓喜歓喜!!歓喜!!!

あの興奮は二度と味わえないと思う。それぐらいに全てが全てが繋がったゴールでした。

そのままタイムアップ。他会場の結果を待つこととなりますが、スマホで見ようとしたけど重くて繋がんない!でも周りの喜び方から見てだいたい察することはできた。

 

J1昇格プレーオフ 出場決定でーーーーーーす!!!」

 

スタジアムDJ蒲田さんから叫ばれた言葉がスタジアムをさらに歓喜へと導いた。

試合前に言われてた理想的な結果が現実に映し出されたけど実感はない。

なぜならまだ何も成し遂げちゃいないからさ(決め顔)

チャレンジャーとして挑むプレーオフ。楽しみます。

結果がどう転ぶかなんてわからないけど、最後まで楽しくやれたらなと。

失うものもないしね!全力でぶつかっていこう!

 

f:id:jefunited25:20171120150053j:plain

 

この写真良いですよね。選手の表情が物語ってます。アンドリューって叫ぶのだなって。しかしどうにも為田が太鼓を叩いてるようにしか見えない。

続きを読む

【J2リーグ第41節”名古屋対千葉”】勝てばいいということではなく、勝ち方が大切であるといつも言っています。これです。ファンタスティックな試合でした。

www.jleague.jp

 

風間監督「いつもどおり」

風間監督「いつもどおり」

風間監督「いつもどおり」

 

DAZNの試合開始前インタビューで「いつもどおり」を連呼しインタビュアーを困らせてた風間さん。試合はいつもどおりにやれましたか?(精いっぱいの煽り)

 

プレーオフ争いの中での直接対決であり名古屋は自動昇格の可能性を繋げたい一戦だっただけに非常に多くのJリーグファンからも注目を集めた一戦。雰囲気はかつて見た昇格プレーオフみたいでした。

前半は互いに引いて…というよりは解説も言ってたように主導権を先に取ろうとしている感じが強く見えました。名古屋はボールを繋ぐ所謂ポゼッション型のチーム。千葉はボールを繋ぎつつも基本は相手の深くまでプレッシングを続けてショートカウンターを狙うチーム。

最初はやはり名古屋がシンプルに上手いと思いましたね。プレスを上手くかいくぐり空いてるスペースに人が入り込んでくる嫌な形を何度も作られました。ただその後の精度が高くはなかったためシュートに持っていかれる頻度も多くはなく上手く千葉が凌げてたと思います。守備での集中力は勇人を筆頭に素晴らしいものでした。

他の方や解説・実況が言うようにプレスが前半良かったとは思いません。最初は上手くかわされてましたから。ただこれは本当にすごいのですが千葉のプレスが名古屋をハメて行ったのですよね。時間が経過していくたびにどんどん深くまで浸食させられたこと。最初は上手いこと対応できてたものが徐々に対応不可になり最終的にミスから失点を誘発できたこと。やりたいことを明確にして名古屋を出し抜けたと思います。攻守ともに誇っていい内容でした。

ラリベイの2得点、為田の1得点。相手からボールを諦めずに奪いきってそこから決められてます。也真人の驚異的なプレッシングからの奪い取りなど所々見ていて涙がこぼれてしまうものでした。というかエスナイデルさん3得点目で泣いてましたよね。感極まったのか上手くいきすぎて泣いたのかが定かではありませんがたぶん考えてたことは僕と同じだと思われます。まぁ僕も3点目が入った瞬間泣きました、はい。

内容としても結果としても最高のものを得られた試合でした。

チームとしてやってきたこと、間違ってる、サッカーを馬鹿にしてると言われ続けてきた中で継続して終盤にこのようなサッカーを展開するチームに感謝すると同時に残り最終節。分かってますよね?

f:id:jefunited25:20171112130217j:plain

写真はラリベイと為田ですけど笑顔ですよね!他の選手も表情は明るく良い意味でプレッシャーを受け流しつつやれてるのかなと思います。雰囲気は最高に良いと思うのでこれを最後まで維持したいですね!

続きを読む

【J2リーグ第40節”千葉対町田”】勝利はもっとも忍耐強い人にもたらされる。

www.jleague.jp

 

こんちゃーす!

月曜日に更新しようと思ったらはてなブログの不具合があって遅くなりました。

まぁ書いてるの火曜日の朝なんで関係ないのですけどね。

 

ということでじゃな。

日曜日に対町田ゼルビア戦があったわけだが・・・

 

連勝を伸ばすことができました!祝連勝in連勝!

 

試合ですが内容的には良いとは言えず相手に助けられた面もありました。今のこの時期は選手も言うように内容より結果が全てであり大事なわけですが、僕は今のジェフは内容も求めていけるレベルに値するチームだと思っています。昔なら勝つことだけで満足してたと思いますが今の僕はそこでま・ま・満足!一本満足できる体ではございません。より良い内容の試合、そして勝利を求めていきたい。

先制点の場面は也真人からラリベイへのパスがズレてしまいましたが上手いこと為田が走っており、コントロールショットを決めるという理想的なそして僕が一番好きな形でありウイイレでよく決めるゴールでした。。素晴らしい。

為田ちゃんは本当に移籍当初とは変わりましたね。得意のドリブルも決まりますしゴールもアシストもやっちゃう。すげーな。誰だよ0トップで使えとか言ってたやつ。

2得点目は相手のミスを船山が見逃さずに決め切りました。ゴールが決まるようになってから船山自身、笑顔が増えたような印象です。心の枷、プレッシャーが良い意味で外れたのかなと思います。A.Tフィールドが外れたんじゃないでしょうか。

守備で気になった点としてちょっとしたスペースにパスを通されてたこと。ゼルビアが上手くパスとオフザボールの動きで連携してきたところに守備が上手くハマらなかったように見えました。僕としては「ズレ」として見ています。このズレを後半で修正できるかと思ってましたが逆にズレの幅が広がりちょっと嫌な場面も多かった。乾の怪我での交代など嫌な流れもありましたが前半良くなかった部分を如何にして後半で修正できるかが残り2試合の鍵かなと思います。

続きを読む

【J2リーグ第39節”大分対千葉”】夢中で日を過ごしておればいつかはわかる時が来る。

www.jleague.jp

 

内容としてはよろしくなかったものの結果として勝ち点3を、アウェイ2連戦できっちり勝ち点6を千葉に持ち帰れることとなりました。非常に申し訳ないですがこのアウェイ連戦は1勝1分かなと思ってただけに終盤に来てのチームとしての完成度、そしてサポーター含めた全員が同じ方向を見据えられてるこの状況。2014年に味わったあの一体感の感じを思い出します。

 

試合ですが相手は相性が良い大分トリニータ。先制点はこぼれ球にさすがの反応

 

イダレ!イダレ!イダレラリベイ!

f:id:jefunited25:20171029024355j:plain

 

追加点はここに来て何かを思い出した

 

成田の男 オー船山 さぁ見せてくれ オー貴之

f:id:jefunited25:20171029024409j:plain

 

たぶん縦関係の2トップ、船山が1.5列目のセカンドトップ、今だとシャドーって言うのでしょうか。この関係性が上手いことハマりましたね。船山が守備のスイッチの入れる役にもなれますし何よりですよ、何よりカウンターの起点になれるのですよね。中盤で上手くボールを拾いそこから早いカウンターを仕掛けられるのは大きなことです。

勝手なイメージで申し訳ないですが歴代のジェフの背番号「11」を着用してた選手も一筋縄ではいかないと言いますか、いろんな役割をチームとして個人として求められてきた選手が多いかと思います。世間的なイメージだとエース、もしくはストライカーが着ける背番号ですがチームの中心となれる、攻守においてキーマンな選手が着用するのもまた面白いかと。全ての番号には意味があると考えてますが特に「11」はサッカーのイレブンを表す数字でもありますからね。これ以上話すと自分もわけわからなくなるのでこの辺で。

 

大分戦では徹底的に裏を狙われいくつかはオフサイドを取れましたが何度か抜けられる場面もありました。ジェフの持つ攻撃力を警戒して引いてカウンターという意図を明確に持って挑んでくるチームもあるでしょう。その時にどれだけ我慢して粘り強く守れるか。これが残り3試合のキーポイントでもあり一つの課題、クリアせねばならない課題です。得失点差もそうですがより勢いを持つためにもクリーンシートをなるべく達成すること。そして勝ち切ること。これを残りでもう一度見せてほしいなと思います。

 

決意表明じゃないですけど一つだけハッキリさせときたいことがあります。

昇格プレーオフへの可能性を残してますし今のジェフならやり切れるという気持ちはもちろんあります。ただ最終的に自分たちだけの力だけでは成し遂げられない状況にもなりえます。あまり言いたくはありませんが昇格できずに来年もJ2という可能性もあります。

仮にですがそういう結果になっても

 

エスナイデル解任しろ!」

「いつまで同じことするんだ!」

「もうサポ辞めるわ」

 

なーんてことは言いません。それは結果として受け入れたうえで来年再び昇格へのチャレンジを決行しますよ。そういう決意表明でした。また言ってないことを言ったように捏造されるのも嫌ですしね。

 

現地に参戦された方・DAZNにて参戦された方・Enyaにて参戦された方。

お疲れ様でした。そして次ホーム盛り上げていきましょう。

次の対戦相手は個人的に因縁のある町田ゼルビア

久しぶりのホームですし、今連勝してるしで・・・そうですね、13000人は入ってほしいかな?

フクアリを黄色く、紅葉みたいな感じで黄色く染めたいですね。

ホームも残り2試合なので是非ねお時間ある方は来てください。

 

最後までWINBYALL!

 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村

【J2リーグ第38節”福岡対千葉”】最後の一秒まで走り抜け

www.jleague.jp

 

すごく面白い、ハイレベルで互いの意地がぶつかり合った試合でした。

結果的にジェフが勝ちましたがどちらに転んでもおかしくないものでした。

 

MVPはGK佐藤優也でしょう。

PKストップもあり何度もピンチを防いだ。まさに守護神な活躍でした。

得点を決めた船山は待望のゴールでしょう。こぼれ球に反応してのゴール。”らしい”形でした。

得点の場面ですが、2点ポイントがあります。

まず船山のトラップからのパスの場面。優也がPKを止めた後の波状攻撃をクリアしたボールを相手に寄せられながらも上手く落としサイドに展開する。理想的なカウンターのファーストポイントになりましたね。あれでまず決まったようなものでした。

次に溝渕の走り。船山から展開したサイドのボールを後方から走った溝渕に渡り結果として先制出来ました。サイドの選手としてチャンスとみて走り切る。なかなかに良いものでした。今までならきっとカウンターのチャンスでもダラダラ走ってたでしょうが、今年のジェフは大きく変わったようにそのあたりの意識も改革できてるのだと思います。ただ溝渕は課題も多いのもまた事実。センスはずば抜けてると思いますし見ていてシンプルに上手く賢い選手だと評価しています。もう少し全体的に成長することで代表というところが見えてくるのではと期待してます。

 

PKに関しては一つ目(前半)は妥当と見ています。まぁ取る人は取るけど取らない人は取らないという感じでしょうか。家本さんなら取ると思います…。

二つ目(後半)は疑問が残りますね。僕としては帳尻合わせかなと思いますが真相は闇の中に…。まぁ後半PK取られるだろうと覚悟してたので何とも思わず、むしろ「来たよ来たよ」と思いました。

一つ目を優也が止めるだろうと、二つ目は蹴る前に優也が胸のエンブレムに手を当ててたので僕も何も書いてないTシャツの胸の部分を掴んで祈ってました。

 

久しぶりの無失点かつ連勝を伸ばせたということ。

終盤に来て良い流れを維持できてるということ。嬉しく思います。

状況的に厳しいですが”不可能”ではないと思ってますのでまた切り替えてやっていこうじゃないですか。

 

f:id:jefunited25:20171023020306j:plain

よくよく見たら後ろで清武が笑ってた

 

現地に参戦された方・DAZNにて参戦された方・Enyaに参戦された方。

お疲れ様でした!!!

アウェイ連戦次は大分!

まさに一戦必勝。残りも全力でWINBYALL!

f:id:jefunited25:20171023020446j:plain

 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村