YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【2018年度J2リーグ第5節”千葉対讃岐”】信じ続けることが奇跡をよんで 未来に繋がっていくよ

www.jleague.jp

 

ひゃっふううううううううううううううううううううううううううううう!

すごく、すごく久しぶりな勝利の気がしますがともあれ今シーズン初勝利です!

勝つときってこんなに得点が入るんだね。ケチャップドバドバだけど最後の失点よ。

6-0で終わっとけば美しさが完璧だったのに小さなミスから決められるって一番ダメよダメダメ。

でも決めた選手が我那覇選手なんですよね。高校生のときに先生が熱心に語ってたのを思い出します。だからって決められるのはダメだけどね。

 

4-3-3から3バックを採用したのは驚きでした。

今年の補強を見る限りメインシステムは3バック型かと思ってたけど蓋を開けてみれば4バック。ただ3バックの方が機能すると思います。

山本真希も高木利弥もサイドバックというより一個前のポジションで置いた方が割り切れるかなと。岐阜戦だったかな。右SBの真希の判断ミスからやられてますし、なら前に置いてやられたら奪い返すぐらいの割り切りを持っても良いかなと。すいません書いてて自分も良く分からないです。

船山・清武もスタメンからのゴールはすごい。攻守においてスイッチを入れられる存在ですし、相手から見たら嫌なこと。

茶島もビューティフルゴール!スーパーサブ的なポジションで起用すれば驚異的な選手だと思います。疲れてる相手からすればボール持って果敢に攻め込んでくる選手は嫌でしょうしね。シュートレンジも広いですから。そういう割り切った起用法も有りです。

今節で一番褒めたいのが高木のドリブルからのPK奪取。やっぱりあそこで仕掛けないと始まらないよね。ボールを回すだけじゃなくて仕掛ける動き出し。ナイス!ラリベイもGKが取れないコースに流し込んだね!

f:id:jefunited25:20180324173933j:plain

とりあえず希望が見えて未来が繋がった印象です。大事なのは次節の京都戦。連勝かつ内容も見せること。

とはいえ3バックは去年から散々導入しろと言ってきたことなのでそのシステムで勝てたことと6得点は素直に僕の見る目が確かなんだと言ってほしいところ!

続きを読む

【2018年度J2リーグ第4節”千葉対徳島”】心に決めた 怖いものなんかもうない

www.jleague.jp

 

本日は讃岐戦。待ち時間の間に読んでもらおうと狙いました。

ってことでどうもこんにちは。

この記事が公開されてる頃、僕は仕事だと思います…。

まぁ平日は休めないですね。水曜日は特に忙しくなりそうなので…。

 

先週の徳島戦。完敗でしたね。

言えることはもう”11人フルメンバーで戦う時間を増やしましょう”ってことです。

開幕戦、水戸戦(退席処分は監督)と誰かしらがいなくなることが多いです。これはサッカー人生において初めてともいえる事態であり、正直なところ意味が分からない。

不用意なプレーを無くす・セルフジャッジしない…。

当たり前な部分から少しずつでも良いです、変えていかないと後々に響きますからね。

とはいえ10人でも良い内容だったんですよね。1-1の同点に追いついてからも前への意識を持って入れてましたから。ただもったいなかったのが後半の入り方。徳島が対応してきたなかでセカンドを拾えない、上手いこと攻撃が作れないなど不利な面が出てしまいました。終盤には疲労が見て取れる選手もいたため、連戦が続く日程において厳しい試合となったのは事実です。

 

f:id:jefunited25:20180321092412j:plain

 

続きを読む

【2018年度J2リーグ”千葉対岐阜”】Get the victory!

www.jleague.jp

 

腸炎になりもうした(´・ω・`)

空腹感と吐き気が同時に襲ってきてツライデス・・・

 

 

遅くなりましたが日曜日に行われたJ2第3節岐阜戦は敗戦でした。

先制点を奪えたこと・1-2から2-2に追いついたことなど良い要素もありましたが、3失点した守備や上手い具合にかみ合わない攻撃などマイナス要素も多々ありましたね。

一つだけ言えることはコンディション調整が上手く行ってないというところ。必ずと言っていい程後半に運動量が落ちて自慢の走力などが隠れてしまっています。この部分だけは早急にギアを上げることが要求されますね(よしっなら白飯解放だ)

攻撃に関しては相手陣内に押し込んでもすぐに後ろに返して組み立て直すことを選択するシーンが多いです。もちろんボールを保持することは大切ですがそこに大きく依存している、ボールを失いたくないという気持ちが溢れかえりすぎてるようにも見えます。大胆と言いますか、思い切った選択を選べるようにまずは一つ勝つこと。これが今ジェフを大きく変える劇薬かなと思います。

とまぁ開幕ダッシュは失敗しましたね・・・。ただもう終わったことなので4節からの巻き返し+最後の精度及びアイデア。十分にやり切れるメンバーと戦術は揃ってると思うのでまずは一つ勝って精神的にも落ち着きを取り戻したうえでもう一回スタートを切りたいですね!

正直なところまだ慌てるような場面でもないかなって。

甘い考えと言われればそうですがまだ3試合終わった段階ですからね。

去年のブーストをもう一度とかじゃなくてシンプルに強いジェフを見れると確信を得てるので、今はただただ応援するだけかなって思いますぜ。まぁすでにフクアリ2試合休んでるんですけどね!すいませんな!

f:id:jefunited25:20180315130020j:plain

続きを読む

【2018年度J2リーグ第2節”千葉対水戸”】電気より、蒸気より、原子力より強い動力がある。”意志”の力だ

www.jleague.jp

 

わりぃ。狩人やってケルベロス・オメガと戦ってたら遅れますた。

 

フクアリ・ホーム開幕戦となった水戸ホーリーホック戦ですが、決め切れない展開が90分間続いての引き分けとなりました。

正直色々ありすぎて。順を追って振り返ります。

 

  • ①審判生着替え事件
  • エスナイデル、猛抗議の代償
  • ③決定力不足
  • ④長谷部 in 水戸

①審判生着替え事件

入場~キックオフ前に両チームからとあるクレームが入る。

「そのユニフォームだと見わけがつきにくくないか?」

ジェフがホーム(蛍光イエロー)、水戸がアウェイ(白色)、審判が黄色。

日差しの関係でさらに見分けがつかなくなるという事態に。

キックオフが10分遅れ主審だけ赤色に着替えることに(赤色のシャツは2017モデルだそうです)

回避できたとは思いますがうーん・・・。

今後はこういう事態にならないように活かしてほしいですね。

にしてもなぜに主審生着替えをしなかったのか。数字獲れただろ。

 

エスナイデル、猛抗議の代償

「前半のATが少ないじゃないか!」

「違う!私はペットボトルを蹴ってない!ただ強く置いただけだ!」

前半AT1分の表示に納得ができずに主審に猛抗議した結果、退席処分となりました。

申し訳ない。率直に申すけど要らない抗議でしたよね。熱い監督じゃないかとかチームのためを思ってるっていう意見も分かる。でも時間帯としてグッと堪えて後半に繋ぐってのも出来たと思います。試合をするのは選手ですけどボスとしてチームを管理して勝利に導く答えを示すのが監督ですから。町田也真人は影響はなかったと言ってますが自分たちが感づいてない部分で多少の影響はあったのかなと思います。ここはもうエスナイデル監督には反省してもらうほかないですね。

headlines.yahoo.co.jp

ちなみに次節は出場停止です。

 

③決定力不足

さぁさぁ試合ですけども。誰が見ても分かりえる”決定力不足”。水戸GK松井選手の好セーブがあったとはいえちょっと気になるポイントですね。

攻撃の形、崩し方などは悪くないです。決め切ればっていう典型的な試合でしたね。

気がかりは矢田旭。トップコンディションではない。もっとやれる上げれる。夢見た旭はもっと高いところに位置してた。茶島、矢田のコンビはロマンティックあげるよだし期待感が上限突破してる。まずはコンディションを上げていくことを優先的にやっていこう。

茶島はもはや恒例、J2レベルじゃないっす。

シュートの意識やボールの扱い方はレベルが違い過ぎる。小柄な選手として戦うという部分においてすごくお手本になる選手なので子どもたちは見て学ぶといいですよ。正確なボールコントロール。相手を上手く剥がすターンなど。ただまだ”遠慮”してるよね。もっと自分を出して良いと思うし周りに自分の考えの動きを要求してもいい。

④長谷部 in 水戸

ジェフから水戸に戦う場所を求めた長谷部監督。僕としてもなかなかに思い入れがある方なのでこの一戦が待ち遠しかった。

水戸のやり方としてハイプレスからのカウンター。前線の選手も含めて惜しみなくプレッシャーをかけてボールを刈り取るスタイル。さらに強固な守備を構築し、ゴールに蓋を締める。すごくやりにくい相手という印象でした。今はまだ走り疲れてる、慣れてない部分があるように見えましたがそれが無くなった時にどうなるかってことですね。

水戸のホームでやる後半戦が非常に怖いそして楽しみです。

続きを読む

【2018年度J2リーグ第1節”東京V対千葉”】時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることはできる。

 

www.jleague.jp

 

いよいよシーズン始まりましたね!

今年はW杯イヤー!嫌な結果でイヤーなシーズンにならないようにしたいところです。

 

ところがどっこい

 

開幕戦。黒星スターツ…。

まぁ…まぁ…しゃーないわね。

 

敗戦のポイントとなったのは前半9分に退場した増嶋でしょう。Twitterでは厳しい判定と書き込みましたがリプレイの検証とルール読み直しにより、妥当なジャッジに変更させていただきます。

ただ疑問点もあるのよ。

Twitterでしつこい程に問題提議しました。すいません。

これ勘違いしてもらいたくないので最初に言っておきますと、増嶋の退場で負けたとか誤審だとかそんなこと全く思ってません。先ほども言ったように妥当な判定であり、「決定機阻止」というルールに乗っ取ったジャッジです。

じゃあ何が問題かと言うと「基準はどっちでやっていくのか」ということ。

この辺のジャッジの基準を統一しないとまた誤審だのなんだので騒ぎになりますよって。

鳥栖ー神戸の那須のイエローの場面と増嶋のレッドの場面。差はそこまでないはず。PKかどうかという部分だけだと思う。主審によってイエローだとかレッドだとかそういうところが誤審を生む小さなキッカケになっとるのよ。

判定の大まかな部分での統一は徹底してほしい。そこが今のJリーグ審判団の大きな課題と問題点だと思いますよ。


2018シーズン 競技規則スタンダード

一応サッカー協会が上のような動画を公開されてますのでJサポとサッカーファンは一度見ておくことをお勧めします。僕もそうなんだけどやっぱりルールを知らないのに「審判が悪い!」「誤審だ!」って騒いでる層が多いんですよね。やる側だけじゃなくて見る側もある程度の知識を入れておくと色々良いかもです。

ただ見て思うのはもう人間の目で瞬時に判断できる環境ではないってことですね。

 

f:id:jefunited25:20180227170541j:plain

 

やべぇ…興奮するカッコよさだわ…♡

 

試合はエスナイデル監督も言ってたように一人いなくなってから上手くいき出しましたね。11人の状態からもう少し上手く試合に入れたら良かったのかなと。この辺りは開幕戦特有の怖さですかね。

ちばぎんの内容も悪くはなかったですがそれに+α、何かアイデアを加えないと東京Vと水戸には勝てないと予想してましたが嫌な方向で当たってしまいました。

もちろん良かったポイントもあります。

途中から緊急出場のような形でデビューした鳥海。難なくこなしてましたし、次節はスタメンもありだと思います。

中盤で司令塔になっていた指宿。というかああいう起用が指宿の良さを出すのかなと。高さがあるからって安直に前に置いても意味ないですしどちらかというとテクニカルタイプの指宿を中盤に置いてボールと多く絡ませた方が形としては成立するのかなと。このあたりの起用に関しては次節以降が楽しみですね。

リーグファーストゴールを奪ったラリベイはやはり今年も別格。いうことないぜ。

高木はもう少し連携面を増やさないと厳しいがこれは時間の問題。

茶島は別格。去年徳島に鹿島から杉本が加入したときに「J2にJ1が混ざった感じ」と言われてたがそのような感じ。

 

負けたしましたが1/42ということ。まだ41試合残ってるというシンプルな考え方をして次に切り替えですね。

どのチームもどこかしらで負けるだろうしその負けが早く来たという考え('ω')

次はホーム開幕戦。フクアリへ…って言いたいんですがまた体調不良です。

ちょっと前に家族内でインフルが10年ぶりぐらいに流行ったので慎重に動きます。

インフルって症状が遅れて出ることもあるみたいなので。

ガチのマジで流行ってるらしいので皆様も気をつけてください。

 

味スタに参戦された方、DAZNで参戦された方。お疲れ様でした!

大事なのは連敗しないことだぞーん。

だから次は決勝戦ぐらいの気持ちと覚悟と旗を持って応援だ!