読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフ千葉ファンブログです。好き勝手書いてます。

【29日徳島戦】気負うことなくネガティブじゃなく、ポジティブに雰囲気を作っていこうぜ

今年何回目かの風邪をひいてしまった僕です。

年を取るごとに体が劣化してるのを痛感しています(そら運動しないでコーラがぶ飲みしてたらこーなるわな)

毎日10分でもいいから歩くということの大切さがわかります。

 

ということで、明後日に徳島戦がやってくるわけでありますが皆さんお気持ちのほどいかがでしょうか。

僕は静かに反逆の意思を燃やし続けてるところです(某ゲームの影響)

正直なところアウェイで大敗した直後の試合だからって気負う必要性など皆無ですし、こうお祭り的な雰囲気をスタジアムで作れれば選手たちも自然と期待に応えてくれるかなと。

だから楽しく最後まで頑張ることが一番良いのかなと思いますよ。

29日をGWに入れるなら、ジェフのGWホーム試合は徳島戦のみですし楽しくいきましょうよ。

その楽しいという部分に勝利が加われるようにね(無言のプレッシャー)

続きを読む

【J2リーグ第9節”横浜FC対千葉”】踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ

www.jleague.jp

 

試合終了してから10分ぐらいが経ちました。

現在進行形でライフが削られてますが今日の試合、振り返っていきます。

 

▢”内容的”には90点 でも無得点

前半は本当にリズム感よく攻守ともに動けてました。

スタートから4バックの4-3-3で、ラリベイを効率的に使い清武、壱晟を中心とした攻撃ができていました。

支配率が圧倒的だったように自分たちがボールを支配し何度か横浜FCゴールを脅かしはしたものの結果的に無得点・・・。

シュートコースが空いてるような場面でも第一選択肢としてパスばかり選んでるのはいい加減に改善すべき。

何度も言ってるようにもっとミドル狙って良いのですよ。

憶測ですが横浜FCの選手も思ってる以上にジェフの選手が打たないからあまり恐怖を感じなかったと思います。

もっとシュート打って”この位置からも狙ってくるのか”という危険意識を相手に植え付けていく必要もありますね。

 

▢悪夢の後半戦

横浜FCは後半から3バックにシステム変更し、これが勝利へと繋がりました。

ジェフは3バックへの対応がなかなかできず、ズルズルと失点を重ねてしまう結果に。

これはもう横浜FC中田監督の思惑通りといいますか、見事だと思います。

前節の山口戦は相手が90分間裏ばかりの攻撃を狙ってたこともあり、ジェフがギリギリ勝てた試合でしたが横浜FCのように試合中にシステムを変えられるとなかなか対応できないこともあります。こればかりは仕方ないですがジェフは慣れるまでに時間がかかり過ぎたのもまた事実ですからね。

まぁ後半戦、4失点の場面は思い出したくもないため今から脳内ゴミ箱に入れてきます。

続きを読む

プレッシングと連動した形でスタジアムを盛り上げたい

町田也真人が出場した試合

3勝2分

町田也真人が欠場した試合

1分2敗

 

ジェフの中心選手として昨年真価を発揮し、今シーズンより背番号10を身に着けた町田也真人

今年もチームの中心選手として攻撃でも守備でもとにかく走りまくりチームを活性化している存在だ。

上記の数字を見てもらえれば分かるように今年は也真人がいるいないでは成績及び内容が全く違っている。

なぜジェフは也真人がいないと上手くいかないのか。

今回はその部分を個人的な見解として自由に語りたい。

 

◇也真人の献身性◇

近年のサッカーはプレッシングなどが当たり前となり、FWに守備が多く求められる時代だ。

レスターの岡崎は守備での貢献度が高く、メディアにもその部分が大きく評価されている。

もちろんFWなら得点こそが一番だが現代サッカーにおいては守備の部分でも役割を求められるため、少しでもサボろうものなら批判の対象にもなりうるだろう。

余談だが僕が選手としてやってた頃は監督から常にこう言われていた。

「お前は下手だから皆の分の守備もやれ」

だからプレッシングをすることの大変さと継続の難しさはある程度だけ理解はできる。

おっと話が逸れたな。

ジェフの也真人はその守備の部分でとにかく走ってくれる。誰よりも相手にプレスをかけることによりチームとして守備(プレス)のスイッチが入り、チームとして連動した守備がより機能するのだ。

也真人以外にも清武や壱晟などプレスをかけている選手もいる。だが効果的という意味では也真人が一番なのだ。そこがチームとしての、サポーターとしての課題でもある。

 

◇也真人の動き方(ポジショニング)◇

也真人はとにかく動く。それもチームにとって気が利くところに動き、味方の動きをきちんと見てくれる。

ボールを持ったときにパスコースがない。そんな場面なんて試合中には何度もあるだろう。そこで也真人だ。気の利いたポジショニングからボールを受け取り、そこから攻撃を活性化させてくれる。

チームに一人いたら本当に楽になる選手が今の也真人なのだ。

また裏への動きも常に見てくれてるために無駄な走りをする必要がなくなることも大きい。

 

◇也真人がいないときをどう乗り切るか◇

誰かが也真人の代わりをするというのは言葉以上に難しいことだ。

ポジショニングや味方を見るというところでの代わりはできたとしても、守備でのスイッチの入れ方は代役不可能だ。

也真人以上に走りつつ攻守(特にプレスで)のスイッチを入れられる選手はなかなかいない。

ならどうするか。

答えは一つであり明確だ。

 

サポーターが雰囲気を作ること

 

フクアリで試合を見ると思うことがある。清武や壱晟などが走っても盛り上がるのは一部だけ。でも也真人が最後まで走り切るとスタジアム全体から歓声が上がる。

この盛り上がりを選手全体でやれたら最高に良いと思う。

GKまでプレッシャーをかけた選手に「いいぞー!もっといこうぜー!」のような雰囲気を作り上げていければ選手たちは勢いにのり、もっと走ってくれるかもしれないいや走り切るでしょう。

そういう雰囲気を僕はスタジアム全体で作り上げたいと思っている。

 

最終的にサポーター論みたいな形にはなったが書きたかったことを書けて良かったです。

スタジアムの雰囲気って思ってる以上に選手に伝わるんですよ。

サポーターが盛り上げれば盛り上げるほど選手は100%以上の動きをします。

こういうちょっとしたことから支えることが結果に、最終的には昇格と今後のタイトルに繋がるのかなと思ってます。

f:id:jefunited25:20170419133718j:plain

【第923回】toto予想!

販売開始日

2017年04月15日(土)08:00

販売終了日

2017年04月22日(土)(ネット 13:50/toto取扱コンビニ 11:30/toto売り場 12:00)

結果発表日

2017年04月22日(土)

 

 

第923回 toto
No. 開催日 ホーム アウェイ 予想
1 04/22 浦 和 札 幌 1    
2 04/22 甲 府 C大阪     2
3 04/22 広 島 仙 台 1    
4 04/22 鹿 島 磐 田 1    
5 04/22  柏  横浜M     2
6 04/22 新 潟 F東京   0  
7 04/22 鳥 栖 神 戸     2
8 04/22 名古屋 山 口 1    
9 04/22 横浜C 千 葉     2
10 04/22 京 都 松 本   0  
11 04/22 愛 媛 長 崎     2
12 04/22 東京V 群 馬 1    
13 04/22 町 田 徳 島   0  
toto予想メーカー

 

◇注目カード◇

 

①浦和対札幌

圧倒的な攻撃力と選手層を武器に首位に立つ浦和。対する札幌は勝ち点8の15位ながらエースの都倉を中心として粘り強い戦いぶりを見せている。浦和の攻撃陣をしっかり封じ都倉が決めれば札幌勝利の可能性も十分にある試合だけに注目だ。

 

 

【J2リーグ第8節”山口対千葉”】俺らの守護神”佐藤優也”今ここに!逆襲のジェフ、さぁここからだ!

www.jleague.jp

 

一番最初に触れるべきなのは疑惑のPKだと思うので、そこの部分の個人的な見解を話します。

あくまでも個人的な考えでありそれが正しいってわけじゃないので、という保険だけかけときます。

試合終了間際にペナルティエリア内でジェフの高橋壱晟が倒され、山本主審はPKの判定を下しラリベイが落ち着いて決めてジェフが勝利したという場面。

まとめサイトTwitterだと誤審だと言ってる人が多いですが、僕は妥当なジャッジとみています。

まず足はかかってません。が山口の選手の手が高橋壱晟の足に当たってるように見えます。

そこの部分での接触でファウルとジャッジしたのではという意見に僕は近いです。

どういう意図で判定を下したかは山本主審本人に直接聞かないと分からないところが多いのもまた事実ですけどね。

 

もう一つ僕が思うには帳尻合わせの判定だったのかなというところ。

この試合山本主審は多くの場面で笛を吹きました。サッカーの面白いポイントの競り合いの部分でも多く吹き、面白さを消してたのは言うまでもないところです。

全体的に見ると山口有利の判定も多いように見えました(自分がジェフサポだからってのはあるかもしれない)

ジェフは競り合いのところでもちょっと体を当てたらファウルってのは何回かありましたよね。

そういうところのジャッジが最終的にPKに繋がったのではと考えてます。

とりあえず誤審かどうかは主審本人の判定の基準を聞かないと何とも言えないってのが事実です。

 

余談ですがジェフがこのような判定でPKを取られて負けたら審判を徹底的に叩きます。今回僕が勝利側を応援してたからこういうことが言えるわけで、立場が逆だったら今頃山本主審のフェイスブックに突撃して閉鎖に追い込んでましたよ。

続きを読む

【J2リーグ第7節”千葉対群馬”】ハイラインサッカーを継続すべきかどうか

www.jleague.jp

 

結果は1-1のドローというものでしたが、今回は試合内容を振り返らずに今の戦術を維持すべきなのか変更すべきなのかという部分を話したいと思います。

試合内容振り返っても毎度同じ事しか言えないため、ならばサポーターが疑問を抱くこととなっている戦術について書いた方が良いかなと。

あくまでも個人的な意見ですという保険だけはかけときます。

 

今のジェフは多くのサッカー関係者(解説者など)や他クラブのサポーター、何よりジェフサポ自身が驚くというサッカーをやっています。

通称”ハイラインサッカー”

最終ラインを高く保ち常に相手を圧倒することを目的とした戦術で、見ている方としては面白さが含まれているサッカーです。

ただし面白いサッカーやってるからって結果が自動的に付いてくるとも限らないわけで。

名古屋に勝利はしたもののそこから勝ちがなく、今は長いトンネルをさまよってるのが今のジェフですよね。

勝ちがないだけにサポーターが今の戦術には価値がないと言い出す始末・・・。

 

という冗談はさておき。

 

今の戦術を続けるのか変更するのかということですが僕はもう答えは一つですよ。

続けるべきでしょう。

今のジェフは構築の最中でして、カードゲームで例えるならデッキ構築に似たところです。

遊戯王でいうとモンスターを何枚、魔法をこれだけ・・・でもバランスが悪いから罠をもう少し減らして・・・みたいな感じ。

スナイデル監督もいろいろ試してるところであり、どうやればジェフが勝てるようになるのかを全力で頭のなかで構築しそれをピッチで披露できるように今は考えてるところなのかなと思っています。

僕はエスナイデルサッカーが好きです。自分が描いていたサッカーと似ていて変な親近感すら感じてます。

 

続きを読む

【J2リーグ第6節”千葉対京都”】内容もイマイチ、応援もイマイチ。けども野次だけはご立派。

www.jleague.jp

 

結果は2-2の引き分けでした。

終了間際にキャプテン近藤のヘッドが突き刺さり何とか敗戦を免れ、勝ち点1を拾えました。

試合ですがなかなか上手くいかないというか、難しいところですね。

今日の先制点のシーンのような流れからの得点。

あのようなイメージを全選手が共有できるともっと映えるといいますか、今のサッカーで光が差し込むとは思うのですけど結果的に上手いこと崩せたのはあのシーンのみ。

90分間通して意思疎通が良いとはいえてないのが現状ですね。

ただ悪いことばかりじゃありません。

山本真希、高橋壱晟など違いを作れる選手がいるってのはものすごい大きい。

特に真希は持てる力を十分に発揮しているからこそ、チームとしては助かるものがあります。

 

じゃあ今後勝つためにどうすればいいか。

答えは一つ、継続でしょう。

今の戦術に疑問を持つよりかは信じて精度を高めていくほうが僕としては良いかなと思いますので、今は本当に我慢どきかなと思います。

 

あと、こういう場面をチームとして直したいところ。

f:id:jefunited25:20170401181941p:plain

ペイントで書いたので汚いですが、赤く塗りつぶしているところがボールを持っている選手で黒の丸がジェフの選手です。

サイドでボールを持ったときに後ろに返して組み立てなおす癖がジェフにはあるのですよね。

もちろん悪いことじゃないですが何度も何度も組み立てなおしを選択してしまうと流れというか、意味のないボールポゼッションで終わってしまうわけで。

クロス or 仕掛ける or ワンツーで崩す

みたいなもう少し多彩な選択肢を余裕を持ちながら選択できるようにはなってほしい。

f:id:jefunited25:20170401182344p:plain

中の選手に戻してCBに戻し、逆サイドから攻めてみようと思ったらボールを失うような展開が多すぎる。

相手の自陣深くまで攻め込んだなら最低限シュートで終わるようにしていきたい。

何度も言ってますけどもっとシュートの意識をチーム全体で持ちたい。

 

試合内容に関してはここまで。

ここから京都戦の野次に関して言いたいと思いますが、内容的に不快感を覚える場合もあります。

読む場合は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

f:id:jefunited25:20170401181006j:plain

 

京都戦ですが野次が酷かった。ここまで酷い野次を聞いたのは人生初…かも。

 

unitedarrows.hateblo.jp

 

1月に書いた記事でも言ってますが、僕は野次やブーイングは規制しても意味がないと思ってます、いや思ってました。

野次ってだいたいのイメージだと「死ね」「消えろゴミクズ」「サッカー辞めろ」みたいな言葉を思いつくと思われます。

こういう言葉は絶対に発言してはならないものです。

逆に「頑張ろう」「次勝とう」「下向くな」のような言葉を皆さんどう思いますか?

僕はポジティブな言葉に聞こえます。選手たちを鼓舞するような。

でも人によってはこのポジティブな言葉がネガティブに聞こえて野次と思われる場合もあります。

人それぞれ言葉の捉え方が違う。だから規制してもあまり意味ないよってのが僕の考えでした。

 

が、今日の試合で変わりましたね。

野次はアカン。

「シュート打てよ」や「決めようよ、もう~」みたいなニュアンスの言葉ならまだいいです。けど選手そのものを否定するかのような野次はいかがなものか。

京都戦ジェフのコーナーキック。キッカーは清武。得点を奪うチャンスだが、清武まさかのスリップ。

チャンスが消えてしまったなか、「ふざけんな!」「何あいつ?」と言い出す一部のサポーター。

その後もネチネチと文句を言い続け、チャントは歌わずにここぞという場面で野次を発動する。

非常に残念でした。

京都戦は内容も良くはなかったしストレスマッハなのは理解できますけど、選手をあいつ呼ばわりとかネチネチと文句を言い続けるのは違う。

その言葉が嫌でも耳に入ってくるこっちの身にもなってくれ。

野次いう力があるなら少しでもチャントを歌ってチームに力を与えてくれ。

スタジアムは野次コンテストじゃないよ。いくら野次放っても何もない、得るのは一時の満足感だけ。

何度も言いますけど今は我慢どきです。ストレス溜まるのはみんな同じ。

少しでもチームにプラスになるような雰囲気を作るのが今は大事なんじゃないかと思います。

 

次は群馬戦ですね。

勝ててない時期にやりたくなかった相手ですが、今度こそサポーターが雰囲気作って選手たちに力をより出してもらって今度こそ勝てるように頑張っていきましょう。

まだまだジェフは落ちない。今こそ、エスナイデルの魔術がチームを変貌させる…!

 

京都戦、寒い中お疲れ様でした。

次節また最初からやっていきましょう。

 

明日の京都戦、準備はできているか?

jefunited.co.jp

 

松本、湘南に2連敗してホームに帰還しむかえる京都戦。

自分たちのやりたいサッカーが思うようにいかずにイライラしているかもしれない。

けど僕たちサポーターが下を向いてグチグチ言ってたら選手たちは期待には応えてくれない。

選手や監督のモチベーションをより一層上げるために僕たちサポーターがすべきこと。

 

最高のスタジアム雰囲気作りだ

 

連敗中でのホームでの試合。重要なのは連敗を止めること。

そのために選手たちにやりやすいようでモチベーションの上がる雰囲気を作り上げていくことが何より大事だと僕は思っている。

コールリーダーも言うように、ゴール裏メインバック。そんなの関係ねぇ!

フクアリに行く人すべてがサポーター。声出すのも良いし手拍子だけでも十分力になる。

明日、最高の雰囲気を作り上げて選手たちに勝利を期待しようじゃないか。

この2週間、けっして最高の週末ではなかったけど明日勝てば僕たちはまた最高の週末を迎えられる。

 

Victory is sweetest when you’ve known defeat.

 

そう僕たちは負けた2連敗してる。でも苦難なこの状況を楽しみそして、勝利の美酒を喜ぶ権利を得ている。

さぁ行こうじゃないか最高の週末へ。

そして味わおう勝利の美酒を、深くまで。

僕たちならできる、選手も必ず期待に応えてくれる。

今こそWINBYALL!見せてみろ黄色の情熱を。

 

【移籍情報】吉田眞紀人が町田ゼルビアにレンタルへ

jefunited.co.jp

 

非常に驚いたというのが本音。

噂はあったみたいですが僕は全く知らなかったためにTwitter見てレンタルを知りました。

コメントを読む限りは自分自身で志願したのかなと思うので、決めた道をしっかり頑張っていってほしいなと思っています。

選手は試合に出てナンボ

マキトほどの選手がサブでってのは確かにもったいないことだし、ゼルビアで10得点以上の活躍を期待しています。(まーきっと活躍できる)

頑張れ!マキト!

 

 

【第917回】toto予想!

販売開始日

2017年03月25日(土)08:00

販売終了日

2017年04月01日(土)(ネット 13:50/toto取扱コンビニ 11:30/toto売り場 12:00)

結果発表日

2017年04月02日(日)

 

 

第917回 toto
No.開催日ホームアウェイ予想
1 04/01 仙 台 川 崎     2
2 04/01 新 潟 G大阪   0  
3 04/01 広 島  柏      2
4 04/01 磐 田 清 水 1    
5 04/01 C大阪 横浜M     2
6 04/01 F東京 鳥 栖 1    
7 04/01 神 戸 浦 和 1    
8 04/01 大 宮 鹿 島   0  
9 04/02 甲 府 札 幌     2
10 04/02 福 岡 横浜C 1    
11 04/02 長 崎 山 形   0  
12 04/02 金 沢 群 馬   0  
13 04/02 岡 山 東京V 1    
toto予想メーカー

 

今シーズンは怪我人が各クラブ、多いような印象です。

清水は練習試合で対戦相手から選手を借り、代表では好調だった今野と大迫、長谷部が離脱する結果となってしまいました。

ちょっと多すぎの気もするので各選手無理をしないこと。

 

ってなわけで今週の予想ですが、順当にいくように見えて落とし穴があるカードが多いですね。

新潟G大阪

甲府札幌

大宮鹿島

G大阪は今野の離脱がかなり大きい。

ただ守護神の東口が新潟戦から復帰みたいな情報もあるため、事実なら大きなもの。

だけど先ほども言ったように難しいなら無理だけは避けてほしいという思いもあったり。

 

大宮は開幕4連敗と波に乗れず。

4試合で1得点7失点と攻守共に厳しい状況。

対する鹿島は3勝1敗、5得点3失点とまずまず。

絶好調鈴木優磨の得点に期待がかかるところ。

 

代表期間を挟み再開するJ1。

各カードの熱戦に期待大です。