読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

本田功輝選手 ようこそジェフへ!

jefunited.co.jp

 

まず最初に正直に話します。

詳しくないのであまり分かりませんが、タイプ的にいうとドリブラーみたいです。

MF登里享平(川崎F)を生み出している香川西の注目ドリブラーが広島の地をそのスピードと強さで豪快に駆け抜ける(ゲキサカより引用)

スピードと強さを活かしたプレーで是非ともフクアリを大いに沸かしてほしいなと思います。

ジェフにはルーキーながら活躍する高橋壱晟や若手として期待できる岡野、乾もいますしレンタルで修行している仲村、浦田と楽しみな選手が多いです。

彼らがフクアリのピッチに立ち躍動する姿を今から楽しみにしています。

【29日徳島戦】気負うことなくネガティブじゃなく、ポジティブに雰囲気を作っていこうぜ

今年何回目かの風邪をひいてしまった僕です。

年を取るごとに体が劣化してるのを痛感しています(そら運動しないでコーラがぶ飲みしてたらこーなるわな)

毎日10分でもいいから歩くということの大切さがわかります。

 

ということで、明後日に徳島戦がやってくるわけでありますが皆さんお気持ちのほどいかがでしょうか。

僕は静かに反逆の意思を燃やし続けてるところです(某ゲームの影響)

正直なところアウェイで大敗した直後の試合だからって気負う必要性など皆無ですし、こうお祭り的な雰囲気をスタジアムで作れれば選手たちも自然と期待に応えてくれるかなと。

だから楽しく最後まで頑張ることが一番良いのかなと思いますよ。

29日をGWに入れるなら、ジェフのGWホーム試合は徳島戦のみですし楽しくいきましょうよ。

その楽しいという部分に勝利が加われるようにね(無言のプレッシャー)

続きを読む

【J2リーグ第9節”横浜FC対千葉”】踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ

www.jleague.jp

 

試合終了してから10分ぐらいが経ちました。

現在進行形でライフが削られてますが今日の試合、振り返っていきます。

 

▢”内容的”には90点 でも無得点

前半は本当にリズム感よく攻守ともに動けてました。

スタートから4バックの4-3-3で、ラリベイを効率的に使い清武、壱晟を中心とした攻撃ができていました。

支配率が圧倒的だったように自分たちがボールを支配し何度か横浜FCゴールを脅かしはしたものの結果的に無得点・・・。

シュートコースが空いてるような場面でも第一選択肢としてパスばかり選んでるのはいい加減に改善すべき。

何度も言ってるようにもっとミドル狙って良いのですよ。

憶測ですが横浜FCの選手も思ってる以上にジェフの選手が打たないからあまり恐怖を感じなかったと思います。

もっとシュート打って”この位置からも狙ってくるのか”という危険意識を相手に植え付けていく必要もありますね。

 

▢悪夢の後半戦

横浜FCは後半から3バックにシステム変更し、これが勝利へと繋がりました。

ジェフは3バックへの対応がなかなかできず、ズルズルと失点を重ねてしまう結果に。

これはもう横浜FC中田監督の思惑通りといいますか、見事だと思います。

前節の山口戦は相手が90分間裏ばかりの攻撃を狙ってたこともあり、ジェフがギリギリ勝てた試合でしたが横浜FCのように試合中にシステムを変えられるとなかなか対応できないこともあります。こればかりは仕方ないですがジェフは慣れるまでに時間がかかり過ぎたのもまた事実ですからね。

まぁ後半戦、4失点の場面は思い出したくもないため今から脳内ゴミ箱に入れてきます。

続きを読む

プレッシングと連動した形でスタジアムを盛り上げたい

町田也真人が出場した試合

3勝2分

町田也真人が欠場した試合

1分2敗

 

ジェフの中心選手として昨年真価を発揮し、今シーズンより背番号10を身に着けた町田也真人

今年もチームの中心選手として攻撃でも守備でもとにかく走りまくりチームを活性化している存在だ。

上記の数字を見てもらえれば分かるように今年は也真人がいるいないでは成績及び内容が全く違っている。

なぜジェフは也真人がいないと上手くいかないのか。

今回はその部分を個人的な見解として自由に語りたい。

 

◇也真人の献身性◇

近年のサッカーはプレッシングなどが当たり前となり、FWに守備が多く求められる時代だ。

レスターの岡崎は守備での貢献度が高く、メディアにもその部分が大きく評価されている。

もちろんFWなら得点こそが一番だが現代サッカーにおいては守備の部分でも役割を求められるため、少しでもサボろうものなら批判の対象にもなりうるだろう。

余談だが僕が選手としてやってた頃は監督から常にこう言われていた。

「お前は下手だから皆の分の守備もやれ」

だからプレッシングをすることの大変さと継続の難しさはある程度だけ理解はできる。

おっと話が逸れたな。

ジェフの也真人はその守備の部分でとにかく走ってくれる。誰よりも相手にプレスをかけることによりチームとして守備(プレス)のスイッチが入り、チームとして連動した守備がより機能するのだ。

也真人以外にも清武や壱晟などプレスをかけている選手もいる。だが効果的という意味では也真人が一番なのだ。そこがチームとしての、サポーターとしての課題でもある。

 

◇也真人の動き方(ポジショニング)◇

也真人はとにかく動く。それもチームにとって気が利くところに動き、味方の動きをきちんと見てくれる。

ボールを持ったときにパスコースがない。そんな場面なんて試合中には何度もあるだろう。そこで也真人だ。気の利いたポジショニングからボールを受け取り、そこから攻撃を活性化させてくれる。

チームに一人いたら本当に楽になる選手が今の也真人なのだ。

また裏への動きも常に見てくれてるために無駄な走りをする必要がなくなることも大きい。

 

◇也真人がいないときをどう乗り切るか◇

誰かが也真人の代わりをするというのは言葉以上に難しいことだ。

ポジショニングや味方を見るというところでの代わりはできたとしても、守備でのスイッチの入れ方は代役不可能だ。

也真人以上に走りつつ攻守(特にプレスで)のスイッチを入れられる選手はなかなかいない。

ならどうするか。

答えは一つであり明確だ。

 

サポーターが雰囲気を作ること

 

フクアリで試合を見ると思うことがある。清武や壱晟などが走っても盛り上がるのは一部だけ。でも也真人が最後まで走り切るとスタジアム全体から歓声が上がる。

この盛り上がりを選手全体でやれたら最高に良いと思う。

GKまでプレッシャーをかけた選手に「いいぞー!もっといこうぜー!」のような雰囲気を作り上げていければ選手たちは勢いにのり、もっと走ってくれるかもしれないいや走り切るでしょう。

そういう雰囲気を僕はスタジアム全体で作り上げたいと思っている。

 

最終的にサポーター論みたいな形にはなったが書きたかったことを書けて良かったです。

スタジアムの雰囲気って思ってる以上に選手に伝わるんですよ。

サポーターが盛り上げれば盛り上げるほど選手は100%以上の動きをします。

こういうちょっとしたことから支えることが結果に、最終的には昇格と今後のタイトルに繋がるのかなと思ってます。

f:id:jefunited25:20170419133718j:plain

【第923回】toto予想!

販売開始日

2017年04月15日(土)08:00

販売終了日

2017年04月22日(土)(ネット 13:50/toto取扱コンビニ 11:30/toto売り場 12:00)

結果発表日

2017年04月22日(土)

 

 

第923回 toto
No. 開催日 ホーム アウェイ 予想
1 04/22 浦 和 札 幌 1    
2 04/22 甲 府 C大阪     2
3 04/22 広 島 仙 台 1    
4 04/22 鹿 島 磐 田 1    
5 04/22  柏  横浜M     2
6 04/22 新 潟 F東京   0  
7 04/22 鳥 栖 神 戸     2
8 04/22 名古屋 山 口 1    
9 04/22 横浜C 千 葉     2
10 04/22 京 都 松 本   0  
11 04/22 愛 媛 長 崎     2
12 04/22 東京V 群 馬 1    
13 04/22 町 田 徳 島   0  
toto予想メーカー

 

◇注目カード◇

 

①浦和対札幌

圧倒的な攻撃力と選手層を武器に首位に立つ浦和。対する札幌は勝ち点8の15位ながらエースの都倉を中心として粘り強い戦いぶりを見せている。浦和の攻撃陣をしっかり封じ都倉が決めれば札幌勝利の可能性も十分にある試合だけに注目だ。