読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフ千葉ファンブログです。好き勝手書いてます。

鋼の錬金術師、実写化について思うこと

いやー、とうとう正式に発表かっていう気持ちです。

今年の3月か4月に一度報じられて、その時点でジャニーズの山田くんが主演と書かれてたのでもう決まってんだろうなとは思ってました。

1月にSMAP解散騒動がありましたよね。

そのときにジャニーズって洒落が通じない本物の怖さを持ってるんだなと改めて感じました。

今回のハガレン実写化に関して事務所がどこまで手を回したかは分かりませんが、事務所の圧力がどこかしらに潜んでるのではと密かに疑っています。

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

まず、過去に何回か海外(ハリウッド?)で実写化の噂はでてました。

実現はしなかったようですけどね。

ハガレンといえば原作の漫画、アニメオリジナル展開の第1期アニメ、原作通りのアニメ第2期、シャンバラ、ミロスの映画と多くのメディア展開を広げてきました。

僕は多くの漫画を読んできましたが、そのなかでもハガレンという作品には強い思いと誰よりも作品を愛する気持ちをもっています。

大袈裟かもしれませんが人生に多大な影響を与えてくれた作品でした。

今でも読み返すぐらい好きな作品であります。

それだけに実写化というものは非常にショックであり、今じゃないだろうという気持ちです。

 

ハガレンは原作とアニメ2期が同時に終了しました。

そのあとにミロスが公開されたりとありましたが、僕のなかではハガレンはもう終わった、物語を終えた作品として考えてました。

エドとアルが体を取り戻す目的で、途中に国家を巻き込んだ錬成の真実を知り、それでも最後まで兄弟で足掻く物語は素晴らしいものでした。

最終的に旅を終え、今度は新しい知識を増やす目的などでそれぞれのキャラが新しい旅を続ける。

良いエンディングでしたよ。

 

なのになんで今実写化しようとするかな

 

まずストーリーだけど、どこまでやるのか。

原作の全ての話を一つもこぼすことなく映画にするのは無理です。

前編・中編・後編という形なら可能ではあるかなとは思いますが、ここで情報がないということはおそらく分けることなく普通に上映するのでしょう。

コーネロが出るということは最初のリオールはやるのでしょう。

そこでキメラが出てきてエドの右手に食らいついて機械鎧の披露という原作通りの形なのでしょうかね。

タッカーも出るということでニーナの話もやるのでしょうか。

ニーナはまぁタッカーがアレキサンダーといっしょに錬成してしまうわけでありますが、演出としてはCGなのかな。

キメラとかどう演出するのかが気になりますね。

錬金術もやるなら安っぽい感じじゃなくて、アニメのような感じで不自然なくお願いしたい。

 

ホムンクルスはラスト・エンヴィー・グラトニーのキャストが発表されてます。

エンヴィー役の俳優さんは嫌いです。

まぁそれは良いとして、他のホムンクルスはどうなるんですかね。

スロウスやラース、プライドあたりは出なさそうですが。

 

まぁストーリーがキモですよね。

原作も恋愛要素が入ってるので、そこは良いんですけど、ジャニーズ主演ということで露骨な恋愛を入れてそういう層に見てもらいたいんですみたいな映画は嫌だなぁ。

終わり方は原作同様なのか、オリジナル展開を入れるのか。

まぁもう決まったのでもういいですよw

観に行かないで終わりです。

レビューでボロクソに叩くぐらいはするけど。

 

ちなみに次に僕が実写化しそうな漫画アニメを予想してみました。

 

 

一番可能性が高いのが銀魂

これこそジャニーズ主演で恋愛重視でいけばそういう層に受ける映画を作れそうだなと思いました。

時代設定も現代ではないですし、見てもらう層は設定しやすそうですからね。

原作やアニメファンからはそれなりに叩かれるか、もしくは銀魂のノリで受け入れられるかとは思います、

 

次にシュタインズ・ゲート

A〇で実写化はしてるね。

可能性としては30%もないでしょう。

ただ最近の実写化の流れは読めないので、突然くる可能性もあります。

ちなみに僕はシュタゲにおいて嫁といえるキャラがいないんですよ。

そうです、実写化が読めないだけに嫁ない(読めない)。

 

できるなら漫画とかアニメの実写化はもうやめましょう。

ほっといてください。

できるなら原作とかの力に頼らないでおもしろい映画を作ってください。

おもしろい映画であって映画館の料金が安くなったら観に行きますので。