YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2第22節”千葉対水戸”】俺はこの日を忘れないだろう

www.jleague.jp

 


【ハイライト】ジェフユナイテッド千葉×水戸ホーリーホック「2016 J2リーグ 第22節」

 

試合に関しては割愛させていただきます。

今回は特に”試合後の居残り”について言うべきでしょう。

 

 

 

 

まず試合後にゴール裏団体の居残りが始まりました。

僕はゴール裏中心部から離れた位置で混雑を回避してたのですが、拡声器で何かを言ってたのを聞き、後から監督とGMとの話し合いを要求してると分かりました。

最初はスタッフとの話し合いから始まりましたが、もうこの時点で言い合いのような形となっていました。

最初の話し合いは正直あまり聞こえなかったので、よくわかりません。

 

その後に関塚監督、高橋GMとの話し合いが始まりました。

 

正直、サポーターと監督GMとの考え方に差があるなと感じました。

まぁプロと素人なのでお互いの考えが一致するとも思ってません。

サポーターから常に出ていた『戦う姿勢』についても関塚から具体的な考えは出てないですからね。

高橋GMは予算を考えて補強は進めるようなことを言ってましたが、ここに関してはまだ市場が開いてる状況なので続報を待てたらと思います。

 

いろんな意見があると思うんですよ。

この居残りに対して意味あるないとか、関塚解任しろとか。

僕はこの居残りが正しいとも思ってないですし、居残りしたからって次の町田戦から勝ち続けられるとも思ってないです。

でも何か行動を起こさないと結果的に同じことを繰り返してしまう、俺たちは怒ってんだぞというのをクラブに対して示すのもいつしか必要だとは思ってたのでその日が水戸戦後ということです。

僕もね正直言いたいことたくさんあるんですよ。

我慢の限界も近いですし応援する意味すら見いだせない。

不甲斐ない結果を繰り返して自動昇格の可能性がほぼ消えて現状プレーオフ狙い。

新体制発表会で高橋GMが言ってたようなことが何も達成できてない。

連敗をしない?してるじゃないですか。

でもね、今ここで感情に任せて暴言を吐いてしまうとそれこそクラブとの信頼が破綻してしまう。

ゆかりんの言葉を借りるなら『僕たちサポーターは応援することしかできない』から、だからこそ声援を送る。

だからこそ頑張れと声をかける。

プロならねその言葉に対して期待を裏切るんじゃなくて期待に応える精神を持って戦わなくてはいけない。

プロならね0-1で負けてたとしても前を懸命に向いてだらだら走るんじゃなくて最後までボールを追いかける姿勢を見せなくちゃいけない。

戦う姿勢、勝つ姿勢。

全てを持って最後まで戦えたチームが昇格する権利を得るんですよ。

 

結果的に感情論で書いてしまいましたが、コールリーダーが言ってたように僕たちが応援を止めてバラバラになったら本当にこのクラブは終わっちゃうから応援は続けます。

でもねまた同じような内容結果を繰り返してしまうなら本当にクラブとしての魅力とか無くなって観客も減る一方だよ。

最終通告として受け取ってほしい。

最後のチャンスとして次の町田戦から再スタートの強い気持ちをもって戦ってほしい。

甘いとか言われるかもしれないが、上記で言ったように応援するしかできないから。

残りの試合で僕たちを魅せてくれよ。

ここで終わってまた来年じゃなくて、42節の試合終了の笛が鳴るまで最後まで昇格を目指してくれよ。

関塚にしかできないんだよ。

関塚ならジェフを強く出来ると思ってずっと応援してたんだよ。

頼むよ。

関塚ならできると思ってるから、だからゴール裏団体は誰も解任しろとは言わなかったんだよ。

みんな関塚のこと信じてるからこそ今の結果に失望してんだよ。

関塚の本当の実力はこんなんじゃないだろ。

経験と実力はあるんだからそれをもっとチームに還元してくれよ。

信じてるから。

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

僕はこの水戸戦を忘れません。

きっと今後のサッカー人生においていろいろ考えさせられる出来事でした。

もう一度前向いて次からまた頑張っていきましょう。

お疲れ様でした。