読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフ千葉ファンブログです。好き勝手書いてます。

【J2第29節”熊本対千葉”】ノーゲームノーゴール…攻守一体のサッカーが体現できない事態

Jリーグ J2 ジェフユナイテッド千葉 サッカー

www.jleague.jp

 

試合終了から約3分ほどで記事を書いてますのでけっこう感情論多めかもです。

まず結果ですが3-0で完敗でした。

熊本がシンプルに強かったですし、守備でも集中力とここぞの場面で奪う力は素晴らしいものがありました。

ジェフが熊本の攻撃の核といってもいいであろう清武選手をあれだけ自由にさせるというか、ストレスなくプレーさせたらこうなります。

いうならば当たり前の、仕方ないとか連戦だからとか言い訳のきかない敗戦です。

ため息しかでないです。

 

攻撃の形(リズム)

ボールは動かせてますし、自分たちがポゼッションしてるときに前線でもう少しの動き出し(裏抜けなど)があればいいんですが、現状はその動きが皆無。

ボールはね本当に動かせてるだけに最後の人の動きをしっかりサボらずに行えばある程度の攻撃の形は作れると思うんですけどね。

あと、井出と阿部翔平のコンディションが非常に悪い。

井出は少しプレーに迷いがあるように見えたので、早く吹っ切れて切れ味あるドリブルが見たいんですけど、熊本戦を見るかぎりスランプはまだ続きそうです。

阿部翔平はとにかくプレー一つ一つの精度が悪い。

持ち味の正確な左足からのキックがどれも外れてます。

北九州戦では比嘉がスタメンで、阿部翔平を休めることができたのでコンディションも良くなってるだろうと思ってましたが違ってました。

このまま不調の阿部翔平を起用するのならば、比嘉だとか浦田を起用したほうが良いと思うので長谷部代行監督の早めの決断が待たれます。

 

恒例の夏場の失速を抑えるために

とにかく今は勝ち点を拾っていかなくてはならない現状。

恒例と化している失速を抑えるためにはやはり新たな戦力が求められます。

上記でも書いたように比嘉だったり浦田だったり。

チームの弱点となってしまっているボランチでも勇人を超える選手に出てきてもらわないと困る。

仲村だったり北九州戦で途中からボランチに入って無難にこなした菅嶋だったり。

とにかく新戦力を現有の戦力から発掘していかないとまた失速します。

長谷部代行監督はチーム内競争を一度リセットしてると思うので、今まで試合に絡めてなかった選手は腐ることなくただ前を向いて来るべき出番に備えてほしい。

 

次節はホーム岡山戦ですね。

岡山は強いですし個人的には苦手意識をもっています。

上位のチームを相手にどこまでやれるのか正直不安もありますが、ホームですので雰囲気作っていきますので選手たちには期待に応えてほしいと思います。

とにかく今はただただ目の前の試合を戦いましょう。

 

Twitterの反応

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現地で観戦された皆様お疲れ様でした。
個人的にはTwitterでゴール裏団体の皆様が楽しく過ごしている姿をTwitterに投稿するぐらい別にいいじゃんっていう考えですので、あまり的がずれてる批判は気にせずに今後とも頑張っていただきたいと思っています。