YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2リーグ第32節”千葉対山口”】結果はとても残念だが内容は極上クオリティに近いづいている。今は我慢しつつ結果を残すことができるか問われる時期

www.jleague.jp

 

いつもの展開で1-1の引き分けでした。

1点リードの場面で守り勝つ選択肢を選んだ結果の引き分けですが、内容はそう悲観するほどでもありません。

まぁこの時期で残り試合数を考えると内容云々より結果ですからね。

観客席からため息が漏れるのも理解はできます。

 

が、内容は極上クオリティにしっかり近づいています。

長谷部監督のもと守備の構築だったり攻撃での連動性も増えてきたのは事実ですので、今は山口戦の結果をあえて忘れて次の試合に切り替えましょう。

 

 

 

エウトンは周りとの連携が日に日に向上しているのが見ていて分かりますね。

足元も上手い選手ですので安心してボールを当てられますし、ストライカーとしてゴールを決めてくれるので本当に味方で良かったと心から思える選手です。

エウトン町田が結果を出し続けてる今だからこそ、成田の男の熱いゴールに期待したい。

前線からの守備、ボールキープ、裏抜け…

FWとしての仕事とそれ以外の仕事もきっちりこなしてくれる船山。

だからこそゴールが見たい!

船山がゴールをコンスタントに決められるようになればチームもより勢いに乗れるはず。

成田の男の意地を俺たちに見せてくれ。

 

次節は25日の東京V戦ですが、その前に天皇杯第三回戦川崎フロンターレ戦を挟みます。

公式戦ですのであまりこう言うのはよろしくないとは思いますが、選手には楽しんでプレーしてほしいと思います。

良い意味でリフレッシュしてまたリーグ戦からしっかり戦っていきましょう。

 

人の言葉を借りると、もうジェフは勝ちしか価値がない状況です。

引き分けはほぼ負けに等しいものと言えるところまで来てしまいました。

残り試合、全勝するつもりで挑んでいきましょう。

とにかく諦めることは嫌いなので、可能性が僅かでも残ってるなら最後まで戦い抜きましょう。

最後の最後までジェフというクラブに付いていきますから。

 

山口戦お疲れ様でした。

次は天皇杯、厳しい相手ですが胸を借りるつもりで挑みましょう。

ではまた。