読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフ千葉ファンブログです。好き勝手書いてます。

【J2リーグ第34節”群馬対千葉”】言葉が出ない逆転負け。希望がほぼ途絶えた今だからこそ未来を考えよう

Jリーグ J2 サッカー ジェフユナイテッド千葉

www.jleague.jp

 

今日の試合で99%昇格が消え去りました。

サポーターとして諦めるという姿勢を見せることはよろしくないですが、昇格への気持ちが切れてしまうぐらいに酷い内容と結果でした。

 

まず何回も何回も同じことを言い続けてきましたが、ミスが多いんですね。

ボールをいい形で取ってもなぜか焦ってロストして…っていう繰り返し。

サッカーにミスは付き物でありミスを絶対にしないっていう選手は多くはありません。

だけども一流の選手は勝敗に関与しないところでミスをします。

ジェフの場合は90分間通して良いところよりミスが目立ってしまっている現状で、そのミスが結果的に勝敗に関与したりリズムというところで悪影響を与えてしまっている。

このミスっていうのは群馬戦だけじゃなくてシーズンを通して、何年も何年も言い続けてきましたがいまだに改善されません。

いつになったら学習してこのミスを次に活かそうと思うのでしょうか。

 

試合内容に関してはもういうことありません。

同じことの繰り返しを見せ続けてるだけですので。

 

今シーズンのことを話すなら、もう昇格は厳しいかなと思います。

わずかな希望が残っているといえば残ってますが・・・。

僕としても可能性が1%でも残ってるなら戦いたいですが、何も学習しない内容からそういう風には思うことができません。

長谷部監督のもと守備も攻撃もレベルは上がりました。

けど何度もいうミスの部分は選手たちの集中力だったりメンタルの部分。

選手たちが成長してくれないと誰が監督やろうが結果は変わりません。

クラブが、特に高橋GMがどう考えてるかは分かりませんが長谷部監督を切って新たな監督を招集しても同じ結果を繰り返すだけです。

ならば今の体制を維持して長谷部さんのやりたいようにやらせてみるのがジェフの数ある未来のなかで最も優れた選択だと思います。

今一番やってはいけないことが、長谷部代行監督を切るということ。

間違った選択だけはしないように。

 

昇格は今すぐしたいです。

もうJ2で苦しい思いなんてしたくないですし早く上がりたいっていう気持ちが強いです。

がもう2016シーズン終わったといってもいいでしょう。

非常に厳しくて何とも言えない順位に立ち止まることとなりました。

残りの試合をどうするか。

まだ可能性は残ってるといえば残ってるので最後まで戦うか。

それとも未来を考えて若手選手の経験の場とするか。

ジェフもプロですから当然前者ですが、僕としては今だからこそ未来に可能性を繋げることも重要だと思います。

今ここで昇格の少ない可能性にかけるんじゃなくて未来にかけてみてもいいんじゃないか。

申し訳ないがレンタル組は今後チームに残るかが不透明なので試合には出さずに、今いる若手選手や使いたいと思ってた選手を起用して未来に備えるってことも選択肢のひとつ。

ここまでフォーメーションも前監督から引き継いでる4-4-2(4-2-3-1)から長谷部監督が試したいと思ってるフォメを使ったり。

 

残りの試合を来年度以降に投資するってことは非常に勇気がいる行為とともに白旗宣言でもあります。

でも今のような不甲斐ない成績や内容でいくのならば、未来に備えたほうが活きるものが多いと思います。

最後まで応援すると言っているサポーターの皆さんには申し訳ないですが、2016シーズンを活かすのならばそれもひとつの選択肢です。

 

 

次節は京都戦ということで。

残りの試合はホーム戦が多いので、ホームでは勝利して来年度以降もスタジアムに来たいと思えるような試合を見せてほしいです。

ミスはなるべく目立たないところでお願いします。

お疲れ様でした。