読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフ千葉ファンブログです。好き勝手書いてます。

海外厨の定義をこのさいにハッキリさせよう

12月18日に決勝戦を終え、無事に大会が終わったクラブワールドカップ(CWC)。

欧州王者のレアルマドリードが出場し、日本国内に潜んでいる海外厨が声を大きくしていたことも一つの思い出でありますが、皆さんは海外厨をご存知でしょうか。

今大会でいろんな場所で海外厨という言葉が使われてましたが、意味をしっかり理解したうえで使ってる人があまりいないように思えたのでこのさいに定義をハッキリさせてみようかなと思います。ただあくまでも僕の考えであり、細かい部分は違うかもしれません。その辺はご了承ください。

 

まず海外厨の意味ですが、ほぼそのまんまです。海外サッカーが好きで国内(Jリーグ)をレベルが低いと煽りまくるキッズ人たちのことですね。

 

僕としては海外が好きということ自体全然構わないですし、サッカー好きならJリーグ見ろとも強要しません。ただ煽り行為を行うのはいかがなものかとは思いますけどね。

で、この海外厨ですが、ここ最近海外サッカー好き=海外厨みたいな流れになりつつあります。このような勘違いは普通に海外サッカーを好きで見ている方に申し訳ないので、間違いを今日訂正して正しい海外厨の定義を作りたいと思います。

 

 

僕が考える海外厨の定義ですが以下の通りです。

 

・海外サッカーが好き(好きなのはレアルやバルセロナなどの有名チーム)

Jリーグはレベルが低いと試合を見ないで評価する

・試合を見てから言えと指摘されても「レベル低い試合見る時間ないわww」って煽る

・国内はレベルが低いというくせに代表戦は見る

・異常なほどの香川信者か本田アンチ

 

こんな感じでしょうか。

あくまでも僕の経験などを基にして定義を考えてみました。

何度も言いますけど普通に海外サッカーが好きなんてことが悪いんじゃなくて、国内のレベルが低いとか海外が全てみたいな考えを正しいような形で表現するのがよろしくないことでして。

よく海外好きの方から言われるんですけど、Jリーグってレベル低いのに自分たちは上手いって思ってるよねw」って。

 

全く思ってないですのん(´・ω・`)

 

Jリーグ好きが一番分かってる、レベルは低いですよ。

レアル対鹿島の試合を見ても技術力の差はありますし今後十数年で考えても追いつけるかどうかです。でもJリーグにしかない良さもあるわけで、そこまでを否定されたらこちらとしても黙ってないわけで。で、お互いに煽り合うという悪循環が生まれるわけですよ(主に煽ってるの僕ですけど)

海外には海外の良さがあり、Jリーグもまた良さがある。

そういうところをお互いにしっかり認め合えば無駄な煽り合いも無くなります。今こそお互いに歩み寄り、良いところを褒め合い悪いところは指摘する。そういう関係を築いていきませんか。

 

そんな感じで、海外厨の正しい定義講座でした。まぁこの言葉は馬鹿にするに近い言葉でもあるので、あまり使わない方が良いかなってのが本音です。僕はもう何年も前から当たり前体操の如く使ってるので日常化してますが、こういうところは直さないとなと常々思っています。

ちなみに僕は海外だとマジョルカというチームを応援しています。かつて大久保や家長が在籍してたクラブですね。ジョナサン・デ・グズマンという選手が好きで応援してました。今は確かスペイン2部だったかな。早いところの昇格を期待してます。

 

 

2016年12月19日 追記

dic.nicovideo.jp

調べたら大百科でありました。スポーツ以外でも使われるんですね。ただ最近は海外厨=サッカーかなとは思いますイメージ的に。