読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフ千葉ファンブログです。好き勝手書いてます。

【J2リーグ第2節”千葉対山形”】内容を創り出した引き分けは全全全良い!優也のエンタメは人々を熱狂の渦に巻き込んだ!

Jリーグ J2 ジェフユナイテッド千葉

www.jleague.jp

 

最初に一つだけいいですか?

 

 

優也どうしたよ?

何か悩み事か?

今年のGKへの仕事が増えたからってコーナーフラッグまで引き抜けとは誰も言ってないぞ。

多少のミスは仕方ないにしてもそれを2、3…と続けられるとこっちの心臓が持ちませんわ。

でもそのドキドキが癖となるかもしれない。

某アニメの主人公と同じ名前だしエンタメ目指すのも有りなのかもしれない。

f:id:jefunited25:20170305012837p:plain

 

 

ということでホーム開幕戦。

1万人以上のお客さんがご来場した試合でしたが、結果は1-1の引き分けで互いに勝ち点1を分けることとなりました。

昨年までならほぼ内容の無い引き分けで「こんなんじゃダメだわ」って言ってましたけど山形戦の引き分けが内容が内容だけにすごい面白かったです(特に優也)

以前からお話ししてるように今年のジェフの最終ラインが高くてですね。

GKの仕事が倍以上に増えているのが一つの見どころでもあります。

裏へポーンとパスを出されたらノイアーの如く前に出て処理をしないといけません。

判断力が今まで以上に求められます。

飛び出しなどが増える分ミスのリスクや失点に絡んでしまうことも多くなりうるのが今のサッカーですけど、優也はたまにそれ出んの?って思わせてくれますけど基本的には良い判断を適所にしておりチームの危機を救ってくれています。

山形戦もビッグセーブ見せてくれましたからね!

さすが俺らの守護神だ!

ちなみに優也は痩せた痩せた(昨年との比較)と言われてますけどそうかな?

筋肉量は落ちたように見えるけど。

仮に痩せたのが事実だとしたら体重などを犠牲にした分だけエンタメ要素が+αされたってことか。

前半終了間際の優也のコーナーフラッグ引き抜きは思わず笑ってしまいました。

見どころの一つだね(ハラハラするけど)

 

試合に関しては勝てた試合というより結果が付いてこなかった…という感じです。

”勝てた試合”と”結果が付いてこなかった”という表現は似ているのですが多少違います。

山形戦はチャンスをキッチリ決めていたとしても守備の疲労から更なる失点を記録していても不思議ではありませんでした。

ジェフはボールを回しつつ支配率を高めながら攻めに転じてましたがシュートを打たないんですよね。

監督から日々「ボールを回せ」「サイドをよく見ろ」と言われてるのが大きく影響してます。

これジェフの問題だけじゃないのですけど日本人選手って言われたことしか出来ないのですよ。

監督からこうしろああしろと言われたら意識がそこしかいかなくなって積極性を失うといいますか、試合の流れ的に打っても良い場面でパスを選択してしまうのですね。

これは本当によろしくない。

現に山形戦は打てよという場面がいくつもあった。

得点っていうのはシュートを打たない限り起こらないものです。

パチンコだってそうでしょう。

演出が引くにはお金を打ち込むしかない。

何をやるにしてもアクションが大事なのです。

お金だって働かないと貰えない。恋人だって努力しないとできない。

サッカーにおいての一つのアクションであるシュート。

ここに関してはもう少し意識をもち場面においては打ってほしい。

名古屋戦での修正に期待かなと思います。

 

でも試合は見どころ多くて面白かったので楽しむ第一としては良かったです。

まっ下を向いてる余裕なんて次節の相手を考えたらありませんしとにかく前向きにポジティブにいきましょう。

今年のサッカーは本当に面白いですので是非ダゾーンでも何でもいいので見てください。

今のサッカー維持しつつ改善点は改善して戦い抜きましょう。

お疲れ様でした。