読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2リーグ第5節”湘南対千葉”】成し遂げたい目的があるのだろ。立ち止まっている暇があるのか?

www.jleague.jp

 

力負け、完敗ですね。

差がことごとく出てしまいチームとして最後まで修正できなかったのは残念でした。

昨日のゲームは近いようで近くない同士の対決で、ミラーゲームに近いと思ってましたが前半途中まではそのような展開で進みました。

湘南が前からプレッシングをかけ、ジェフもプレッシングを働かせつつポゼッションも加える。

がしかし、最後のパスでミスが続くジェフ。

ミスを活かしてカウンターに踏み切る湘南と、ジェフが常にミスで自滅してピンチを迎えるというまさに自業自得な展開に。

 

今年に入ってから何度も言ってるのですけどやはりパスミスが多い。

幼稚なミスを繰り返してそれが改善されないのがどうにも気になる。

技術の問題なのか気持ちの問題なのか……。

 

なかなかリズムを掴めないなかでジネイ選手に決められ、後半に奈良輪選手に見事なシュートを叩き込まれました。

奈良輪選手のゴールはオフサイドっぽかったですけどあれがオフサイドだとしても勝利はできてなかったと思うので、ああだこうだ言うことはできないです。

 

 

結果的に松本戦に続き連敗となってしまいました。

とにかく連敗だけは避けたかった。

歯がゆいとはまさにこれ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

僕も今のサッカーの精度はメンタル面なのかなって思います。

試合見てても勝ちたいって気持ちが見ている側に伝わってこない。

もちろん選手は勝つために一生懸命頑張ってるのは百も承知、けどなんか負のオーラみたいなのがチームを包み込んでるかのような雰囲気を感じてしまう。

こういう嫌な流れを変えられる選手がジェフには少ないってのもあるかもしれませんね。

例えば怪我で離脱中の町田ヤマト。松本戦、湘南戦とヤマトがいない試合をことごとく落としています。

ヤマトはチームの核であるのは事実ですけどそこに頼り過ぎてる感じも否めない。

 

ヤマトが相手にプレッシャーをかければチームとしてプレッシングにスイッチが入る

ヤマトが裏に抜けようとしたりボールを受けて前を向けば攻撃のスイッチが入る

 

結局のところチームとして思ってる以上にヤマトに依存しているのが今のジェフなんですよね。

ヤマトがいなくなるとスイッチの入れ方が分からなくなりチームとして機能しなくなる。

この依存からどれだけ脱却できるかが今後の試合のポイントの一つかなと。

人任せにするんじゃなくて「自分が決めてやる」ぐらいの気持ちを持った選手にもっと出てきてほしい。

じゃないと今のサッカーで勝利を得るのは不可能に近いでしょう。

 

次節はホームに戻って京都戦。

3連敗を避けるだけでなく、もう一度原点に帰りつつ選手の気持ちにも期待したい試合です。

4月最初のゲームですので良い形で入っていきましょう。

 

アウェイに行かれた方、ダゾーン観戦の方、お疲れ様でした。

まだ終わってません。今年の選手と監督なら課題をクリアしてくれると信じてます。

僕たちにできることは応援すること。

下を向かずに前だけみてもう一度やり切っていきましょう。