YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2リーグ第7節”千葉対群馬”】ハイラインサッカーを継続すべきかどうか

www.jleague.jp

 

結果は1-1のドローというものでしたが、今回は試合内容を振り返らずに今の戦術を維持すべきなのか変更すべきなのかという部分を話したいと思います。

試合内容振り返っても毎度同じ事しか言えないため、ならばサポーターが疑問を抱くこととなっている戦術について書いた方が良いかなと。

あくまでも個人的な意見ですという保険だけはかけときます。

 

今のジェフは多くのサッカー関係者(解説者など)や他クラブのサポーター、何よりジェフサポ自身が驚くというサッカーをやっています。

通称”ハイラインサッカー”

最終ラインを高く保ち常に相手を圧倒することを目的とした戦術で、見ている方としては面白さが含まれているサッカーです。

ただし面白いサッカーやってるからって結果が自動的に付いてくるとも限らないわけで。

名古屋に勝利はしたもののそこから勝ちがなく、今は長いトンネルをさまよってるのが今のジェフですよね。

勝ちがないだけにサポーターが今の戦術には価値がないと言い出す始末・・・。

 

という冗談はさておき。

 

今の戦術を続けるのか変更するのかということですが僕はもう答えは一つですよ。

続けるべきでしょう。

今のジェフは構築の最中でして、カードゲームで例えるならデッキ構築に似たところです。

遊戯王でいうとモンスターを何枚、魔法をこれだけ・・・でもバランスが悪いから罠をもう少し減らして・・・みたいな感じ。

スナイデル監督もいろいろ試してるところであり、どうやればジェフが勝てるようになるのかを全力で頭のなかで構築しそれをピッチで披露できるように今は考えてるところなのかなと思っています。

僕はエスナイデルサッカーが好きです。自分が描いていたサッカーと似ていて変な親近感すら感じてます。

 

 

パリSGに所属しているベン・アルファモウリーニョシメオネフットボールを殺している」と発言しました。

今のジェフのサッカーも一部の人には「サッカーをバカにしてる」と言われてるそうですが、僕からしたらせやなとしか言えないですよ。

僕はカウンターサッカー主義者といいますか・・・とにかくカウンター・プレッシング、そしてハイラインが好きでしてね。

もちろんポゼッションも好きですけど、一気に相手からボールを奪い取って少ない手数でゴールを奪いきるってカッコいいと思いません?

サッカーを殺しているバカにしてる戦術かもしれないけど、でも上手くカチッとハマれば他を圧倒できる力を秘めた戦術なんですよ今のエスナイデルサッカーはね。

だから僕は続けるべきでありそしてもっと走って走ってシュート打ってゴール決めていきたい。

ジェフならそれができると思うし、しなきゃいけない。

何度も言いますけど完成形が見えてくるのは5月!

改善すべきところ(積極的なシュートへの姿勢、ミスを減らすなど)を改善してより今のサッカーの精度を高めていきましょう。

僕はまだ4月まだ7節と考えています。

今の苦しい時期がシーズンで最もキツイ時期であることを願いつつ、シーズン終了時にお酒の席で「いや開幕戦勝って今年こそは行けると思ったけど名古屋戦以降なかなか勝てなくて、でもあの時期を乗り越えたからこそ今の結果があるんだよね」と笑い話みたいな感じにできるようにしてやりましょう。

選手が頑張ってるならサポーターも頑張らなきゃならない。

 

ということで次節はアウェイ山口戦。

簡単なお知らせですが、今週に引っ越しを予定してます。

引っ越し後、約一週間ほどネットが使えない状況となりダゾーンでの試合視聴とブログの更新ができない可能性があります。

もしブログが更新されなかったらサボったのではなくそういう理由ということになるので、よろしくお願いします。

 

ジェフサポの皆さん、群馬戦お疲れ様でした。

内容的にも文句を言いたい気持ちは理解できますがまだここから行けると思ってます。

この苦しい時期を乗り越えて今こそチームとして変われるように僕たちも全力で応援していきましょう。

まだ終わってない、黄色の闘志を燃やし続けていこう。