読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

プレッシングと連動した形でスタジアムを盛り上げたい

町田也真人が出場した試合

3勝2分

町田也真人が欠場した試合

1分2敗

 

ジェフの中心選手として昨年真価を発揮し、今シーズンより背番号10を身に着けた町田也真人

今年もチームの中心選手として攻撃でも守備でもとにかく走りまくりチームを活性化している存在だ。

上記の数字を見てもらえれば分かるように今年は也真人がいるいないでは成績及び内容が全く違っている。

なぜジェフは也真人がいないと上手くいかないのか。

今回はその部分を個人的な見解として自由に語りたい。

 

◇也真人の献身性◇

近年のサッカーはプレッシングなどが当たり前となり、FWに守備が多く求められる時代だ。

レスターの岡崎は守備での貢献度が高く、メディアにもその部分が大きく評価されている。

もちろんFWなら得点こそが一番だが現代サッカーにおいては守備の部分でも役割を求められるため、少しでもサボろうものなら批判の対象にもなりうるだろう。

余談だが僕が選手としてやってた頃は監督から常にこう言われていた。

「お前は下手だから皆の分の守備もやれ」

だからプレッシングをすることの大変さと継続の難しさはある程度だけ理解はできる。

おっと話が逸れたな。

ジェフの也真人はその守備の部分でとにかく走ってくれる。誰よりも相手にプレスをかけることによりチームとして守備(プレス)のスイッチが入り、チームとして連動した守備がより機能するのだ。

也真人以外にも清武や壱晟などプレスをかけている選手もいる。だが効果的という意味では也真人が一番なのだ。そこがチームとしての、サポーターとしての課題でもある。

 

◇也真人の動き方(ポジショニング)◇

也真人はとにかく動く。それもチームにとって気が利くところに動き、味方の動きをきちんと見てくれる。

ボールを持ったときにパスコースがない。そんな場面なんて試合中には何度もあるだろう。そこで也真人だ。気の利いたポジショニングからボールを受け取り、そこから攻撃を活性化させてくれる。

チームに一人いたら本当に楽になる選手が今の也真人なのだ。

また裏への動きも常に見てくれてるために無駄な走りをする必要がなくなることも大きい。

 

◇也真人がいないときをどう乗り切るか◇

誰かが也真人の代わりをするというのは言葉以上に難しいことだ。

ポジショニングや味方を見るというところでの代わりはできたとしても、守備でのスイッチの入れ方は代役不可能だ。

也真人以上に走りつつ攻守(特にプレスで)のスイッチを入れられる選手はなかなかいない。

ならどうするか。

答えは一つであり明確だ。

 

サポーターが雰囲気を作ること

 

フクアリで試合を見ると思うことがある。清武や壱晟などが走っても盛り上がるのは一部だけ。でも也真人が最後まで走り切るとスタジアム全体から歓声が上がる。

この盛り上がりを選手全体でやれたら最高に良いと思う。

GKまでプレッシャーをかけた選手に「いいぞー!もっといこうぜー!」のような雰囲気を作り上げていければ選手たちは勢いにのり、もっと走ってくれるかもしれないいや走り切るでしょう。

そういう雰囲気を僕はスタジアム全体で作り上げたいと思っている。

 

最終的にサポーター論みたいな形にはなったが書きたかったことを書けて良かったです。

スタジアムの雰囲気って思ってる以上に選手に伝わるんですよ。

サポーターが盛り上げれば盛り上げるほど選手は100%以上の動きをします。

こういうちょっとしたことから支えることが結果に、最終的には昇格と今後のタイトルに繋がるのかなと思ってます。

f:id:jefunited25:20170419133718j:plain