YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2リーグ第9節”横浜FC対千葉”】踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ

www.jleague.jp

 

試合終了してから10分ぐらいが経ちました。

現在進行形でライフが削られてますが今日の試合、振り返っていきます。

 

▢”内容的”には90点 でも無得点

前半は本当にリズム感よく攻守ともに動けてました。

スタートから4バックの4-3-3で、ラリベイを効率的に使い清武、壱晟を中心とした攻撃ができていました。

支配率が圧倒的だったように自分たちがボールを支配し何度か横浜FCゴールを脅かしはしたものの結果的に無得点・・・。

シュートコースが空いてるような場面でも第一選択肢としてパスばかり選んでるのはいい加減に改善すべき。

何度も言ってるようにもっとミドル狙って良いのですよ。

憶測ですが横浜FCの選手も思ってる以上にジェフの選手が打たないからあまり恐怖を感じなかったと思います。

もっとシュート打って”この位置からも狙ってくるのか”という危険意識を相手に植え付けていく必要もありますね。

 

▢悪夢の後半戦

横浜FCは後半から3バックにシステム変更し、これが勝利へと繋がりました。

ジェフは3バックへの対応がなかなかできず、ズルズルと失点を重ねてしまう結果に。

これはもう横浜FC中田監督の思惑通りといいますか、見事だと思います。

前節の山口戦は相手が90分間裏ばかりの攻撃を狙ってたこともあり、ジェフがギリギリ勝てた試合でしたが横浜FCのように試合中にシステムを変えられるとなかなか対応できないこともあります。こればかりは仕方ないですがジェフは慣れるまでに時間がかかり過ぎたのもまた事実ですからね。

まぁ後半戦、4失点の場面は思い出したくもないため今から脳内ゴミ箱に入れてきます。

 

▢エスナイデルの進退

続投しかない。

選手起用、非現実的な戦術に疑問を抱くのも理解はできるけどここで解任したらいつもと同じだと思います。

今は我慢の時なのかなと。

勝てないのも得点できないのも監督云々ではなく選手個々の問題点でもありますし。

選手が現実を見て奮起することに期待するのが現状一番の解決策なのかなと思います。

余談ですが、今の戦術は日本人には合わないものです。

リスクを恐れずに攻撃に特化したものだけにある程度の割り切りが必要不可欠ですが、日本人選手は安定性を選択する傾向にあり、リスクを冒すという部分で上手くいかないこともあります。

先ほども言いましたようにシュートを打たないのも、積極性を選択するより通ろうが通らまいが関係なく一番安全策なパスというものに頼ってしまうわけです。

この日本人には向かない戦術がジェフで上手いこと開花すれば日本サッカーにとっても大きなものを得れると思うだけにエスナイデル監督にはより全力で、自分の色を、出してほしいなと期待してます。

 

アウェイに行かれた方、ダゾーン観戦の方、お疲れ様でした。

次節はホーム徳島ヴォルティス戦です。

悪い流れを断ち切りGW連戦に挑んでいきましょう。

まだ終わってないぞ。横浜FC戦の途中で気持ちが切れてしまったことを反省して次節必ず選手たちを支えられるような応援をします。

もう一度ここから頑張っていきましょう!

f:id:jefunited25:20170422205315j:plain