YELLOWUNITED ARROWS

ジェフユナイテッド千葉サポーターの個人ブログ

【J2リーグ第34節”長崎対千葉”】世の中には”絶対”はないかもな でもダイジョウブ 俺ん中にあるから

www.jleague.jp

 

今回は観戦会を開き、18名の方に参加していただきました。ありがとうございました。

そちらは別記事で投稿する予定なのでよろしくお願いします。

 

さて試合ですがかなり厳しい内容と結果でした。

早い時間帯に先制点を奪われ、試合終了間際に逆転されるという・・・。

サッカーの神様はとても酷だなと。ある意味これもサッカーと受け入れるしかないのか。

 

先制点の場面は何か上手いことヒールみたいな形で決められましたね。何だろうな・・・防げたようで防げなかった失点?人によっては防げただろうって思うかもしれませんが、僕は少しばかりアンラッキーな形だったと思います。

ただ時間帯が早すぎましたね。前半6分ですから。トータルで見ても良い試合への入り方ができなかったと思います。解説の方も言ってたように受け身になりすぎてました。試合開始から大胆というかもう少し踏み出したプレーを全体的に見たかったという思いです。

後半は前半とは別チームかというぐらいに変わりました。「前半受け身になってたけどあれ演出だから」と言わんばかりに前に出る。トリック気味なコーナーから矢田が2試合連続のゴールで同点。このゴールは前節の水戸戦に続いて見事だったと思います。観戦会も大いに盛り上がりを見せましたね。サンキュー矢田旭

同点に追いついた時間帯もですが、すごく押せ押せムードでこの時に最低でも2-1にしないとダメでしたね。何本ものシュートを放つもゴールには届かず。長崎としてはあの時間帯を失点したとはいえ同点までで凌いだ結果がアディショナルタイムの逆転だったと思います。ジェフがあの時間帯に逆転してたらってのは結果論ですが、やはり悔やまれるのは押せ押せだったあのところでした。

 

前半と後半の違いの一つで挙げたいのが、どれだけ前を向けるかどうか。

前半は長崎がパスコースを切るというかジェフの良いようにはやらせない守備を徹底し、ジェフは良い形で前を向けませんでした。為田も前半は前を向いてのトラップが0だったみたいで、前がダメとなると横後の選択しかなくなりますからね。

後半は為田も何度か前を向いてのトラップや仕掛けなど良さがだいぶ出てきてジェフの攻撃も全体的に前に前にという感じを出せてましたよね。ボールをどれだけ前に置けるか。仕掛けられるか。シュートを打てるか。これを前半から見せていかないと残り試合は厳しいはず。後半も大事だけど前半をもっとどう戦うかを見せていかないとダメです。

次節の京都はジェフが苦手とするプレッシャーをガンガン仕掛けてきます。土曜日の京都対湘南の試合を見ましたが、気持ちをフルに出した攻撃を展開してきますのでどれだけジェフが落ち着いて対応できるかどうか。そしてアウェイとはいえ自分たちのターンにどれだけ得点を奪えるか。残り試合は全て簡単にはいきませんが特に京都戦に関してはかなり厳しい内容になると予想しています。もう何度言ったか覚えてませんが負けたら終わりぐらいの覚悟と勇気をもって試合に臨んでほしいところです。

f:id:jefunited25:20170925075850j:plain

現地に参戦された方、DAZNで参戦された方、Enyaさんにて参戦された方。

お疲れ様でした。

寝て起きてから精神的なダメージがかなり効いてきました。本来ならば無理やり自分を騙してでもポジティブに行くべきだと思いますがそれが実行不可能なぐらいに心奥深くに負けたということが突き刺さってます。

ただ昨日もジェフサポさんとお話ししたなかでまだ可能性が残ってるなら諦めるわけにはいかないと、誰も諦めてないと強く語り合いましたので僕自身この一週間で心のケアをしつつ絶対に切り替えて京都に立ち向かいます。

現実見ろとか言われるかもだけど残り8試合。全部勝てば勝ち点24なんですよ。

本気で全勝したいのでどうか最後まで最後までやり切りたいと、もう一度地べたを這いつくばってでも勝ちたいと思います。

上手く言い表せないけどやっぱりこのまま終わるのは悔しいよ。

本当に最後のホイッスルが鳴るまでやるだけです。

WINBYALL!

 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
にほんブログ村